毛穴悩みよおさらば!女子達の毛穴キレイ日課

基本の洗顔と保湿で毛穴ケア

毛穴3
夏場になると毛穴が開きやすくなりますから、毛穴汚れもたまりやすくまります。

 

毛穴ケアの基本はこの汚れをいかにきれいに落とすかが大事なので、まずは洗顔する前に汚れを落としやすくする下準備をしてあげると良いでしょう。

 

これに活用できるのがスチーマーです。
水分をたっぷりと与えてあげると毛穴周辺の角質が柔らかくなります。
また、温かくなって皮脂も溶けやすくなり毛穴汚れが落ちやすくなります。

 

しっかりとスチーマーで肌を保湿して温めた後には、丁寧な洗顔をしましょう。
基本の弾力のあるきめ細かな泡を作るのがポイントで、濃密な泡は毛穴の奥に入って汚れをおとしてくれます。

 

泡立て時のポイントは水分を少なめにして、泡立てネットを使ってしっかりと泡を作ることです。

 

そして、洗顔後の保湿の徹底は重要です。
毛穴がふっくらとすると毛穴が目立たなくなりますし、肌状態が整ってきて肌のターンオーバーがスムーズに行われます。

 

化粧水でたっぷりと水分を与えて、乳液やクリームできちんとふたをするのが重要です。
暑いとつい最後のふたをパスしてしまいますが、水分が蒸発しやすくなるので、省略せずに使うようにしましょう。

保冷剤で毛穴ケア

毛穴の広がりに悩む人に、ぜひ試してほしい毛穴ケアの方法があります。毛穴が広がらないように予防するというよりは、すでにかなり毛穴が大きく開き、お化粧すると目立つようになってしまっている方に特にお勧めです。
毛穴2
まずは普通にメイクを落とし、洗顔をします。この後よく蒸しタオルを顔に乗せる人がいます。これにより毛穴が広がり、毛穴の汚れは落ちやすくなりますが、そのあとすぐに化粧水でお肌を保湿しないと、顔に残るべき脂が落ち過ぎてしまうので、注意が必要です。
化粧水をしっかりお肌に浸透させた後、凍らせておいた保冷剤を使います。直接でもいいし、冷たすぎると感じる人は、ガーゼやハンカチに軽くくるんでからでも良いですが、お肌に乗せて、冷していきます。1か所あたり、1〜2分が適当だと思います。当てる場所は、毛穴の目立つ小鼻の脇や、頬、眉間やおでこなどに特に効果が出ます。

 

洗顔や蒸しタオルで開いた毛穴が一気にきゅっと引き締まって、そのままの状態を保ってくれます。1日では違いがわからないかもしれませんが、4〜5日経つと確実にお化粧のノリが違ってきます。保冷剤の後は、乳液やクリームでしっかり保湿を忘れないようにしてください。

毛穴美人になるためのスキンケア

毛穴1
毛穴ケアには、しっかり毛穴を開いてから、ミルククレンジングすると効果的です。毛穴を開くためにはスチーマーが良いですが、無い場合は湯船につかってから行っても同様の効果が得られます。
又、気になるからといって、ごしごし洗い過ぎたり、指で押しつぶしたりするのは逆効果です。
そしてその後たっぷりと化粧水をお肌に含ませましょう!
参考サイト⇒毛穴ケア 化粧品オススメランキング
角栓が気になり、毛抜きで抜く方がいますが、すぐにまた同じように角栓ができてしまいますし、肌を傷つけかねません。基本は毛穴を開かせて、優しくマッサージするようにすると、時間はかかりますが徐々に目立たなくなります。
毛穴が開いたり黒ずむのは、皮脂が原因ですので、内側からのケアも効果的です。ビタミンBやCを含む食品をバランスよく摂取し、適度な運動をすることで新陳代謝がよくなり、美肌効果が期待できます。早寝早起きを心がけ、ストレスをためないことでホルモンバランスも整うため、ニキビや毛穴が目立つ原因となる過剰な皮脂を防ぐことができます。

 

逆に不摂生で脂肪過多の食生活をしていると、男性ホルモン優位になりニキビや毛穴が目立つ原因にもなりますので気を付けましょう。